本日 34 人 - 昨日 51 人 - 累計 92781 人
RSS
震災の後しばらくして、復興ソングなるものが作られた。
関係者や好きな人には申し訳ないけど
全く心動かされることは無かったはおろか、耳にするのも苦痛だった。

何故だろう
同調する必要はないとわかっていながらも
やりきれない気持ちを押し殺し
そういう音楽の場や人を避けるようになっていった。
上から目線?なんとでも言ってくれ。
幸い、取って代わって料理の仕事にのめり込みながら
逃げるように、辛く感じるモノから耳を塞いでいた。


『答え』があった。
https://youtu.be/zFyndK9VOCk
打撃を受け、灯りを失い、誰もが心許なく彷徨う中
共有したいものは、新規に充てがわれた指標ではなく
古くから万人に親しまれ受け継がれてきたもの。
それを圧倒的な実力者が総力合わせ、渾身の表現を発揮する。

究極のカバー。心から羨ましく思った。