本日 14 人 - 昨日 87 人 - 累計 115784 人
RSS

Remember that Piano

ワタシの自宅にピアノは無い

世の中大半のピアノ弾きは
自分のピアノを所有出来るほど、生活の余裕はあるわけがない
たいてい練習用にエレピを置く人がほとんどなんだろうけど
自分は、ピアノはドラムやダンスと同じで
サイレントや電子には気が向かない
ヘッドホンしなくちゃならなかったり
足踏みしないよう気をつけなくちゃならないのは
そもそも性に合わないのだ

なので、練習は週末に2.3時間だけ
施設の安いピアノ室が当選したら、だけ
別にピアニストじゃないし、それでいいやと思ってた
でも、そうやって
惰性ながらも、かれこれ10年近く通ってるうちに
いつのまにか、自分の精神状態や潜在意識を反映する
シビアなバロメーターみたくなってしまった
YAMAHAアップライト30年モノ?くらい?かな
古いけど状態はけして悪くない

意外に思う方も多いだろうけど
ライブハウスの、本番人前で弾くピアノが
練習のピアノを超えることは、悲しいかな、あまり無い♭
大抵、弦がヘタってしまい、そんな年季入ってなくても
整調(調律だけでなく)が効かなくなってしまう
スカ鍵(鳴らない鍵のことを自己流にそう呼んでる^^) や
ダンパー不良に怯えつつ
なるべく使わず回避して演る羽目になることも(汗
かつ
マイクPAしっかりしてる所となると、本当に数えるほどしかなく
最低限まともな楽器とPA環境で、存分に発揮出来る機会など
ひと握り、あるかないかになってしまう

仕方ない
コンクールで弾くような調整とれたピアノにあたることは
まず無いどころか、真逆なジャンル?なのだから。
しかし、ギターと違って
まさか自分の楽器を持ち歩くなんてことは出来ないから
巷のピアノ弾き事情は本当にツライものがある
好みの問題もあるのだけど
いくらグランドでも、たとえスタインウェイだろうと、状態によるのだ
いつしか、初めて向かうピアノには、過度の期待をしなくなった

追い討ちをかけるように
理不尽過ぎる対策のせいで、潰れる店が続出した
有名な店は、多くのピアノ弾きが弔い合戦のごとく詰めかけ
有終の美を見届け〜的な綺麗事ツイートを見かけるたび
胸が苦々しくなりミュートする
「残念です」などでは済まされないのだ
まだまだ現役で鳴る状態の良いピアノ
あのピアノはどこへ行ってどうなってしまうのか

一生かけても自分のピアノを持てないピアノ弾きにとって
良いピアノ音場は本当に希少で
指定文化財並みに保護されて欲しいくらいなのに…
宣言下、弾ける所は今ほとんどが閉じてしまってる
個人店は補償されるなら閉めるのも得策かもしれないけど
従業員抱える規模になるとそうはいかない

でも、
喘息持ち&血液疾患だからコロナになったら
たぶんただじゃすまないのは承知してる身から言わせてもらう
みんなどうかしてるよ。考えてみて。
あきらかに理不尽過ぎる対策なのに
抵抗してもムダと思ってる1人1人が
いつの間にか理不尽過ぎる世の中に加担してしまってるんだよ
弱者でも、こんな馬鹿げた事はちっとも望んでない…

どうかこのピアノを無くさないで

“ I like Chopin 雨音はショパンの調べ ”
https://youtu.be/NccsYEhu_fE



コメント
name.. :記憶
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):