本日 14 人 - 昨日 87 人 - 累計 115784 人
RSS

薬害

高卒で上京したての頃は、まだバブル崩壊前で

ワタシは無謀にも舞台の仕事にありつけた

今思えば、色々不相応過ぎてめちゃくちゃキツかったけど

向き不向きなんて考えることもなく…毎日が無我夢中だった


「そのアヒルみたいな姿勢なんとかならんのか」

ダメ出しの時、否応なしに言われたことがある

ショックは覚えたものの、若さゆえ?たいして傷つくことはなく

それよりも

観てる側が、話の内容よりも、役者のクセや体型などが気になって

芝居に集中してもらえないほうが困る

ただ、まっすぐ立つことの難しさはハンパなかった

仰向けに寝ても腰が浮く

子供の頃からの悩みだった


大腿四頭筋拘(短)縮症

「筋拘縮症は筋肉注射が原因で

筋の線維化による伸長性低下が生じ 

関節運動の制限が起こる医原性疾患である

1947年に初めて報告がなされ

1970年代に入って日本各地で多発し、社会問題となった…」

https://shiga-med.ac.jp/~hqpreve/kyouiku/socmed_fw/pdf/2016/2019_4.pdf

随分たってネットで調べられるようになってから

それが薬害認定されてたことを知る

当時まだ自分は乳幼児

そして、きっと医者は何も知らなかった

連日発作で喘ぐ子供を、なんとかするほうが先だったのだろう

あとになって、肺炎でお世話になった大学病院で

いろんな姿勢で写真を撮られたのをうっすら覚えている

名古屋でも訴訟が起きたらしいが、今のようにネットの繋がりなどなく

きっと母は何も出来なかった


リハビリのため、園の送迎バスに乗らず

泣きベソかきながら歩いたおかげで

なんとか車椅子生活からは免れた、その反動(?)からか

舞台で動き回る役者に密かな憧れがあったのを

ホントに夢のように叶えることが出来た

だから今更、訴えるなんて思いもよらないし

こんな昔話をするつもりも更々なかった

新型コロナワクチンが問題になるまでは



せっかく就けた介護食の仕事は、ワクチンハラスメントがすごかった

医療や介護には何の関係もない仕事でさえ

ワクチン未接種は実質お断りな始末


なぜ、うたない理由に聞く耳も持たないのだろう

反ワク呼ばわりする大半の人々は

それが弱い者イジメや迫害だということを、何も考えられないのだろうか


そしてさらに悪質だと思うのが

これほど重篤な副反応や死亡事例が上がってるのにも関わらず

わかってるはずの医者が、医療が

知らないわけがない政府や社会が

なぜそれでもワクチンをゴリ押しするのか

副反応ガチャでしかないモノを

ほとんど無症状の子供に

風邪薬1つ飲むのだって要注意な妊婦さんに

なぜ平気で接種させるのか

これは強制治験なのか

陰謀論と言われてもおかしくない、その狂い様…


私は、今回の新型コロナワクチンは

史上最悪の薬害になると思っている

A2DC4C7A-B1BF-496E-99A9-9599153A2CF5





コメント
name.. :記憶
e-mail..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):